日々

Tipy records innとレコード。


Tipyと音楽

 

 

Tipy records innではレコードを持ち寄ってくれたゲストにディスカウントをしています。アーティストは想いを込めてひとつの作品を作ります。

それが店頭に並びファンの元へ届く。そして旅立った音楽はそれぞれリスナーの感情を揺さぶる。お店に並べられたレコードは同じ商品だけど手元に来たレコードはそれぞれ違う感情が入ったものになるんじゃないか?そこに新しい価値が生まれるんじゃ無いか?

「CDやレコードの価値の再定義。」それがTipy  records inn を作った理由でもあります。

 

The Record Paper

 

 

レコードペーパーなるものを作りました。そこには音楽のストーリーを記入してもらいます。買ったはいいけど全く聴いていないものなのか、はたまた命救われた一枚なのか。普通の中古レコードショップでは誰が持っていてどんな気持ちで聞いていた一枚なのか。それは知ることができないでしょう。

「世界中から想いの詰まった音楽が集まる場所。」それがTipy records innです。

 

 

9月にTipy  records inn のホームページを公開しました。その辺の時期から宿を利用するゲストにはレコードを買い取る旨を案内に盛り込んだ。1ヶ月が経ち偶然にも同じ日に3枚も海を渡って音楽がやってきた。ヤバい。想像してたことが形になっていく。本当に嬉しいです。

 

View this post on Instagram

【Artist】Serge Gainsbourg 【Title】De Gainsbourg A Gainsbarre レコードペーパーが出来てから始めて海渡ってフランスから音楽がやってきました。 その他にも東京で日本のアーティストのレコードやCDを買ったと見せてくれました。 #yap!!! #acidclank #kanaboon #takashikako #takehikohonda #森は生きている などなど…。 日本のオススメの音楽を教えて欲しいと聞かれたり、逆にフランスの音楽を教えてもらったり。 音楽で溢れる素晴らしい時間が過ごせました。 #sergegainsbourg #france #tipyrecordsinn #odawara #hotel #genic_hotel #hakone #airbnb #music #records #vinyl #7inch #12inch #instagood

A post shared by Tipy records (@tipyrecords) on

 

Tipy  records inn にやってきたCDやレコードをまとめたInstagramを作りました。

いつくるか?どんな音楽が来るのか?毎度全くわかりません。持ってきてくれたCDやレコードをその人の前で再生するまでのドキドキワクワクはマジでやばいです。

興味を持った方、是非生でリスナーの感情のこもったCDやレコードを手にとって聴いてみませんか?Tipy  records innで待っています。

お部屋の様子がわかるアカウントはこちら。