子育て

子供の興味が湧いたことを横から潰す大人たち。


コアゼ(koaze_glamtanks)です。

YouTuber養成講座に通う子どもに賛否両論という話です。

少し前の僕だったら確かになんだそれ?って思っていたかもしれない。今は超支持する。子どもが自らやりたい!って言っているならなんて素晴らしいことなんだ。

 

出典:“3K”職業SEが「なりたい職業」1位になったワケ 

なりたい職業のランキングです。僕らの時代とは違う。オモシロイ。

 

子どもの邪魔をしたくない

 

最近自分で気をつけている事があって、子どもが興味湧いた事は邪魔しない様にしている。

子どもが遊びに夢中になっているときは本当にすごい集中力だしすごい吸収力だ。なんでも目を輝かせて挑戦する。絶対に邪魔したくない。

子どもの可能性を潰しているのは親であり学校教育であるという話を聞いてから少し考え方は変わった。確かに学校の授業ではみんな同じことを同じ様に声を揃えてやる。

 

僕自身中学生の時に学校に行かなくなったのも

「なぜ将来なにになるかも決めていないのに同じ勉強を同じ様にロボットの様にやらなきゃいけないのかわからないから行きたくない」

という今思い返すとどんだけ的得てるんやという理由があった。黙って勉強しろや笑

 

世間体全開の大人たち

 

そして子どもに注意するときも「それを横で見ている親の僕たちが変な目で見られるのが嫌だから」という理由で叱るのはやめたいと心がけている。なかなか難しいところだけど。

先日マクドナルドのプレイランドで遊んでいた時の話。女の子が口にマドラーをくわえながら遊んでいた。付き添っていた祖父とみられる男性が「そんなこと誰もやってないでしょ!辞めなさい!」と口からマドラーを乱暴に引き抜いた。

いや、おかしいでしょ!!

誰か他にやっていたらやっていいの?

そもそも危ないし怪我してしまうからやめようねって話で、他の誰がどうしていようと関係ないはずだ。

世間からどうみられるから辞めなさいって話は個性を潰す。せっかくの長所が親や学校によって平均化されてしまう。

幸い僕は中学校から行ってないので伸びてないところだらけだが変な事ばかり考える大人になった。

全然見習って欲しくはないけど娘にはのびのびと生きて行ってほしい。

 

追伸 娘がフィギアスケートやりたいと言っています。パパ頑張ります(大汗)